魚肉ソーセージ

\全国旅行支援で最大40%OFF/

『楽天トラベル』 ← 使えば使うほどお得に!

『Yahoo!トラベル』 ← さらに10%OFF!

『一休.com』 ← 高級宿に安く泊まれる!

『じゃらんnet』 ← クーポンでお得に!

食べ物の秘密

【実は危険?】魚肉ソーセージは健康に悪い?その危険性を科学的に徹底解説!

Pocket

悩む人
魚肉ソーセージが健康に悪いってホント?
魚肉ソーセージが体に悪いと言われている理由を教えて!
悩む人

このような疑問にお答えします。

 

今回は魚肉ソーセージが健康に悪いのかどうかについて紹介します。

 

魚肉ソーセージは子どもから大人まで人気の食べ物です。

そのままでも、ちょっとした料理にも使えてかなり便利だと思います。

 

ただ、その魚肉ソーセージが健康に悪いとしたらショックじゃないですか?

 

今回は科学的に魚肉ソーセージの健康効果について知っていただきます。

 

魚肉ソーセージ以外の魚の摂取方法についても併せて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは早速見ていきましょう。

エルター

魚肉ソーセージは健康に悪い?

魚肉ソーセージ

結論から言うと、魚肉ソーセージはあまり健康に良いとは言えません。

 

その理由は3つあります。

 

魚肉ソーセージが体に悪い理由

  1. 加工度
  2. 油の酸化
  3. 添加物

 

それでは一つずつ見ていきましょう。

加工度

魚肉ソーセージが健康に悪い理由の1つ目が「加工度」の問題です。

加工度とはその名の通り、食材がどのくらい加工されているかのこと

 

簡単に言うと、食材の元の形からどのくらい変わっているかということです。

 

魚を使って例を見ると、

お刺身 → 焼き魚 → 魚肉ソーセージ

※右にいくにつれて加工度が高い

このようになります。

 

加工度のなにが問題かというと、健康への悪影響が大きいということです。

 

例えば、加工食品の消費が多いほど、死亡率が高いことが分かっています。

 

実際にドイツで行われた研究でそれが分かっています。

実験内容

この実験ではメタ分析により、様々な食品群と死亡率との関係を調べました。

主な食品群が以下の通りです。

  • 全粒穀物
  • 精製穀物
  • 野菜
  • 果物
  • ナッツ
  • 豆類
  • 乳製品
  • 赤身肉
  • 加工食品

その結果、加工食品などは全死因死亡率が2倍増加することが分かりました。

 

この実験でも魚は健康に良いことが分かっています。

ですが、その健康効果は加工食品の死亡率の増加ほどではありません。

 

つまり、魚肉ソーセージは死亡率が高まる可能性が高いと言えそうです。

出来ればお刺身や焼き魚などで食べることが良さそうです。

 

また、加工食品にはメンタルへの悪影響もあるので、気をつけてください。

キット
出来るだけ加工度が低い食品の方が健康効果が高いんですね!

油の酸化

魚肉ソーセージが健康に悪い理由の2つ目が「油の酸化」の問題です。

魚肉ソーセージは加工する段階で油が酸化してしまうことがあります。

 

実際に酸化した油を摂取すると体にダメージがあることが分かっています。

 

病気の原因になるのはもちろんのこと、老化の原因になることも分かっています。

 

というのも酸化した油にはAGEs(エイジス)といった人間の老化を促進する成分が含まれています。

AGE,AGEs(エイジス)=終末糖化産物

 

このAGEs(エイジス)は老化を加速させるだけでなく、認知症やガンなど様々な病気のリスクが上がることが分かっています。

しかも、AGEs(エイジス)は排出されにくいので、どんどん蓄積していきます。

 

つまり、酸化した油は老化するというわけです。

キット
そう考えると揚げ物なんかはかなり危険なんですね!

添加物

魚肉ソーセージが健康に悪い最後の理由が「添加物」の問題です。

魚肉ソーセージには添加物が含まれています。

 

実は添加物は腸内環境を破壊することが分かっています。

 

これを示してくれたのが、ローマトル・ヴェルガータ大学の研究です。

実験内容

近年の多くの研究を精査し、添加物が腸に与える影響について調べました。

その結果、添加物は慢性腸疾患や全身性疾患の発症との関連性が示唆されました。

 

腸というのは第2の脳とも呼ばれているくらい大切な器官です。

これが添加物によって乱されると、体に支障をきたす恐れがあります。

 

もちろん、添加物の中には安全なものもあります。

ただ、体に良いというものはほとんどないので、摂らない方が賢明だと思います。

キット
添加物は出来るだけ避けた方が良さそうですね…

 

 

では魚肉ソーセージ以外で魚を摂るにはどのような方法がいいのでしょうか?

魚のおすすめの摂り方

魚

お刺身

まずはお刺身です。

魚を摂るのに一番おすすめの方法がお刺身です。

 

先ほど「加工度」についてお話しました。

 

食材というのは加工がされていない状態が一番栄養価が高いんです。

その点、お刺身は切るだけなので、最小の加工度だと言えます。

 

つまり、魚を摂るならお刺身が一番栄養価が高いということです。

キット
焼き魚でも良いとは思いますが、お刺身には勝てませんね!

 

とはいえ、毎日お刺身を用意するのは大変ですよね。

そんなときには、次の方法がおすすめです。

缶詰

次におすすめしたい魚の摂り方は缶詰です。

 

缶詰は密封調理されているため、ほぼ酸化していません。

さらに、長期保存も可能なため、買い物の手間が劇的に減ります。

 

調理済みのものを買えば温めるだけでも使えます。

ご家族でも一人暮らしの方にもおすすめです。

 

 

ちなみに僕のおすすめの缶詰はサバ缶です。

DHAやEPAが豊富で、タンパク質などもしっかり摂れます。

 

サバ缶のメリットについては『【美肌で頭脳明晰?】サバ缶は頭が良くなるだけじゃない!サバ缶の7つのメリット』をチェック☟

参考【美肌で頭脳明晰?】サバ缶は頭が良くなるだけじゃない!サバ缶の7つのメリット

続きを見る

 

僕のおすすめのサバ缶はこの伊藤食品さんのものです。

完全無添加な上に肉厚でめちゃめちゃ美味しいです。

 

様々なサバ缶を食べてきましたが、コスパ、美味しさともにトップクラスです。

さらに、こちらはニンニクと黒コショウで味付けされているので、臭みがなく、パクパク食べれちゃいます。

 

価格が変動しやすいので気になる方はお早めに。

Amazonで探す

 

では、魚のメリットを破壊するどころかデメリットの方が大きい食べ方はあるのでしょうか。

エルター

絶対にやめた方がいい魚の摂り方

アジフライ

揚げ物

絶対にやめた方がいい魚の摂り方は「揚げ物」です。

 

魚は揚げると途端に栄養価がなくなります。

栄養価がなくなるだけなら100歩譲っていいのですが、何よりも問題なのがデメリットが大きくなることです。

 

実は揚げ物にはデメリットがたくさんあるんです。

例えば、

  • 老化
  • 肥満
  • 認知機能の低下
  • 腸内環境の悪化
  • 病気のリスク増加 など

これらはほんの一例です。

これ以外にも様々なデメリットがあることが分かっています。

 

たまに食べる分には良いと思いますが、食べ過ぎは控えた方がいいかもしれません。

キット
科学的に揚げ物は月1未満が理想らしいです!

 

揚げ物については『【月1でも危険?】揚げ物を食べると体に悪いだけじゃない?最新研究から分かった事実』をチェック☟

参考【月1でも危険?】揚げ物を食べると体に悪いだけじゃない?最新研究から分かった事実

続きを見る

サプリ

次の絶対にやめた方がいい魚の摂り方は「サプリ」です。

「オメガ3」や「フィッシュオイル」という名前で売られていることが多い魚のサプリですが、これはやめといた方がいいです。

 

というのもこれらのサプリは酸化していることが多いんです。

 

酸化している油を摂ると、老化や病気の原因になることは先ほどお話しました。

 

また、ホルモンバランス乱れなどにもつながる恐れがあるので、注意してください。

キット
お医者さんの指示がある場合を除いては危険の方が大きいと思います!

 

オメガ3のサプリに関しては『【今すぐやめて!】オメガ3のサプリは効果がない?というかむしろ危険かも?』をチェック☟

オメガ3
参考【今すぐやめて!】オメガ3のサプリは効果がない?というかむしろ危険かも⁉

続きを見る

最後に

魚肉ソーセージは確かに便利ですが、ほどほどにしておいた方が良さそうです。

それより加工度の低い魚を食べることを意識してみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

はちみつ
参考【太る?】はちみつは健康に悪い?はちみつの危険性や科学的な効果を徹底解説!

続きを見る

オメガ3
参考【今すぐやめて!】オメガ3のサプリは効果がない?というかむしろ危険かも⁉

続きを見る

食育
参考【食育の科学】食べるもので人生が変わる?脳を鍛える食材とは?

続きを見る

参考【タバコより危険?】カップ麺が体に悪い6つの理由!カップ麺のとんでもない悪影響とは?

続きを見る

参考文献

Schwingshackl L, Schwedhelm C, Hoffmann G, Lampousi AM, Knüppel S, Iqbal K, Bechthold A, Schlesinger S, Boeing H. Food groups and risk of all-cause mortality: a systematic review and meta-analysis of prospective studies. Am J Clin Nutr. 2017 Jun;105(6):1462-1473. doi: 10.3945/ajcn.117.153148. Epub 2017 Apr 26. PMID: 28446499.

Laudisi F, Stolfi C, Monteleone G. Impact of Food Additives on Gut Homeostasis. Nutrients. 2019 Oct 1;11(10):2334. doi: 10.3390/nu11102334. PMID: 31581570; PMCID: PMC6835893.

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

KIT

【科学で教育をハック!】10年ほど教育界に従事|今の教育法に疑問を持ち、主にデータを用いた教育法を発信|毎月、数万人以上へレクチャー|科学的な知識をもとに、食事・健康・睡眠・運動などのライフハックなども発信中|親のための教育法を紹介する「エルター」を運営

-食べ物の秘密
-, , , ,

© 2022 きっと有益ブログ Powered by AFFINGER5