ファスティング

食べ物の秘密

【痩せない?】ファスティング(断食)はヤバい?それってやり方を間違えているからかも!?

Pocket

悩む人
ファスティングがヤバいってホント?
悩む人
ファスティングをしても全然痩せないんだけど…

このような疑問にお答えします。

 

今回はファスティングについて紹介します。

ファスティングというのは簡単に言うと「断食」のことです。

 

今や海外セレブだけではなく、日本でも流行っているファスティングですが、なかなか効果が出ないという方もいます。

 

そこで、今回はファスティングの正しい知識とやり方について徹底的に解説していきます。

 

科学的根拠をもとに紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは早速見ていきましょう。

ファスティングでよくある間違い

ファスティング 間違い

ファスティングでよくある間違いについて紹介します。

 

これに当てはまっている人はファスティングのやり方を見直した方がいいかもしれません。

 

ファスティングでよくある間違いは主に3つあります。

ファスティングの間違い

  • 酵素ドリンク・酵素ジュース
  • ナッツ
  • ゼロカロリー飲料

 

それでは一つずつ見ていきましょう。

酵素ドリンク・酵素ジュース

まずファスティングでよくある間違い1つ目は「酵素ドリンク・酵素ジュース」です。

 

ファスティング中に酵素ドリンクなら飲んでいいと思っている方がいるようですが、それは間違いです。

 

 

ファスティングの効果というのはカロリーを摂らずに、空腹状態が続くことによって得られます。

 

 

カロリーが空になり、空腹が続くと、人間に備わっているオートファジーという機能がオンになります。

オートファジーとは体内の不要な細胞や脂肪、タンパク質などをリサイクルして、体内を浄化する機能のこと

 

それによって、痩せたり、集中力が上がったりなどの効果を得ることが出来ます。

 

 

ただ、酵素ドリンクというのはカロリーがあるので、このオートファジーの機能をオフにしてしまうんです。

つまり、酵素ドリンクはファスティングの効果を無効化してしまうということです。

 

 

ファスティング中はカロリーがないものしか摂ってはいけないんです。

 

なので、ファスティング中は

  • お茶
  • ブラックコーヒー

だけを摂りましょう。

 

キット
せっかくファスティングをやっていても、効果が得られなかったら悲しいですもんね!

ナッツ

ファスティングでよくある間違い2つ目は「ナッツ」です。

 

ファスティング中はナッツならいくらでも食べていいと思っている方もいますが、それも間違いです。

 

 

先ほども言ったように、体内が空っぽになることによって、ファスティングの効果を得ることが出来ます。

 

しかも、ナッツはカロリーがかなり高いため、食べ過ぎると普通に太ります。

 

 

もちろん、適量であれば体に良いです。

目安としては、手のひらに乗るくらい(約30g)がおすすめです。

キット
ナッツは体に良いですが、食べ過ぎには注意ですね!

 

ナッツの効果については『【天才脳の育て方】ナッツを食べると頭が良くなる?驚くべきナッツのメリットと効果とは?』をチェック☟

【天才脳の育て方】ナッツを食べると頭が良くなる?驚くべきナッツのメリットと効果とは?
参考【天才脳の育て方】ナッツを食べると頭が良くなる?驚くべきナッツのメリットと効果とは?

続きを見る

ゼロカロリー飲料

最後のファスティングでよくある間違いは「ゼロカロリー飲料」です。

ファスティング中のゼロカロリー飲料も良くないんです。

 

 

確かにカロリーを摂っていないので、ファスティングとしては間違っていません。

ですが、健康面にはかなり間違っています。

 

 

ゼロカロリー飲料というのは基本的に人工甘味料で味付けされています。

この人工甘味料は腸内環境を破壊し、太りやすい体にすることが分かっています。(※1)(※2

 

例としては

人工甘味料

  • スクラロース
  • アセスルファムK
  • ソルビトール
  • サッカリン
  • アステルパーム など

 

ゼロカロリーでもこれらの人工甘味料は避けた方がいいかもしれません。

キット
ゼロカロリーで太るって意外ですよね!

 

 

人工甘味料については『【まさかの逆効果⁉】カロリーゼロでも危険?人工甘味料の思わぬデメリット!』をチェック☟

参考【まさかの逆効果⁉】カロリーゼロでも危険?人工甘味料の思わぬデメリット!

続きを見る

 

ここまでファスティングの誤解について紹介してきました。

 

悩む人
じゃあ、正しいファスティングってどうやってやるの?

こんな疑問が湧くと思います。

 

続いては正しいファスティングのやり方について紹介していきます。

ファスティングの正しいやり方

16時間断食(ダイエット) 効果

ファスティングで守ってほしいことは3つあります。

 

ファスティングの原則

  1. カロリーを摂らない
  2. 運動する
  3. 断食時間は16~24時間

 

それでは一つずつ見ていきましょう。

カロリーを摂らない

まず1つ目はカロリーを摂らないことです。

これは先述の通り、カロリーを摂らないことによってオートファジーの機能がオンになります。

 

そのオートファジーのおかげでアンチエイジングやダイエット効果などを得ることが出来ます。

 

なので、ファスティング中は水、お茶、ブラックコーヒー以外は摂らないようにしましょう。

 

ちなみにオートファジーは大隈さんという日本人が発見し、ノーベル賞も受賞しています。

キット
オートファジーは人類史における大発見とも言われていますね!

運動をする

2つ目のファスティングの原則は運動をするということです。

 

悩む人
運動すれば痩せるから当然でしょ?

と思う方もいるかもしれません。

 

ですが、実は運動自体ではほとんど痩せません。

詳しくは『【その努力無駄です】なかなか痩せない理由!知らずにやってる7つの思い込み|運動や糖質制限では痩せません!』をチェック☟

なかなか痩せない理由!知らずにやってる5つの思い込み|運動や糖質制限では痩せません!
参考【その努力無駄かも?】なかなか痩せない理由!知らずにやってる7つの思い込み|運動や糖質制限では痩せません!

続きを見る

 

 

じゃあ、なぜ運動が大切なのかというと、食欲を減らしてくれるからです。

運動により食欲が自然に減るため、楽にファスティングすることが出来ます。

 

ただ、長時間のランキングなどは逆に食欲を増進させてしまうので、短くて高強度な運動がおすすめです。

HIIT(ヒート)と呼ばれる運動は1日わずか4分から出来るので、かなり続けやすいですよ。

キット
僕も毎日HIITをやっていますよ!

 

HIITについては『【1分から出来る!】おすすめのモーニングルーティン7選|科学的に効果のあるものを紹介!』をチェック☟

参考【1分から出来る!】おすすめのモーニングルーティン7選|科学的に効果のあるものを紹介!

続きを見る

断食時間は16~24時間

最後のファスティングの原則は断食時間を16~24時間とるということです。

16時間ダイエットとかが流行りましたが、あれはとても理にかなっているんです。

 

 

16時間何も食べない時間が続くと体内の栄養が枯渇するため、オートファジーが働くようになります。

それによって痩せていくというわけです。

 

 

なので、最低でも16時間、ガッツリやりたい場合は24時間まで断食時間をとってみましょう。

キット
人生が変わるくらいのインパクトがありますよ!

 

ただ、女性はホルモンバランスなどがあるので、12~14時間くらいの断食から始めてみてもいいかもしれません。

 

 

16時間断食については『【好きなだけ食べれる⁉】16時間断食(ダイエット)の7つの効果!正しい断食のやり方とは?』をチェック☟

【好きなだけ食べれる⁉】16時間断食(ダイエット)の7つの効果!正しい断食のやり方とは?
参考【好きなだけ食べれる⁉】16時間断食(ダイエット)の7つの効果!正しい断食のやり方とは?

続きを見る

参考著書

|『新装版 パレオダイエットの教科書

16時間断食や食材の選び方に関してはこちらの本がおすすめです。

 

あの「オリ○ジのあっちゃん」も紹介した『最高の体調』の著者である「鈴木裕」さんが書いている本です。

「鈴木裕」さんは年間5,000本もの論文を読んでいるので、かなり信頼性は高いと思います。

 

しかも、パレオ式のダイエットは誰にでも一定以上は効果があると言われています。

 

また、このパレオダイエットは無理なく続けられるので、忙しい人にもおすすめです。

食事を変えて人生を変えるかはあなた次第です。

Kindle版で見る

 

|『「空腹」こそ最強のクスリ

この本はまさしく16時間断食ブームの火付け役となった本です。

サクッと読める上に科学的根拠もあるので、本が苦手な人でもおすすめです。

 

気になる方はどうぞ。

Kindle版で見る

 

最後に

ファスティングは正しい方法でやらないと意味がありません。

しっかりと原理を理解して、キレイに痩せていきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

【好きなだけ食べれる⁉】16時間断食(ダイエット)の7つの効果!正しい断食のやり方とは?
参考【好きなだけ食べれる⁉】16時間断食(ダイエット)の7つの効果!正しい断食のやり方とは?

続きを見る

参考【科学的に証明された!】体にいい食べ物ランキング|ダイエットやアンチエイジングに効果あり!

続きを見る

ソイプロテインは絶対ダメ?←この考えが完全に間違っているお話
参考ソイプロテインは絶対ダメ?←この考えが完全に間違っている話|ソイプロテインは男性にもおすすめです!

続きを見る

オートミール 効果や効能
参考【勝手に痩せる?】オートミールの効果や効能をまとめてみた!筋トレやダイエットに最適な理由とは?

続きを見る

参考文献

Shil A, Olusanya O, Ghufoor Z, Forson B, Marks J, Chichger H. Artificial Sweeteners Disrupt Tight Junctions and Barrier Function in the Intestinal Epithelium through Activation of the Sweet Taste Receptor, T1R3. Nutrients. 2020 Jun 22;12(6):1862. doi: 10.3390/nu12061862. PMID: 32580504; PMCID: PMC7353258.

Kelly A Higgins、Richard D Mattes、太りすぎまたは肥満の成人の体重に対する4つの低カロリー甘味料とスクロースの効果を対比するランダム化比較試験、The American Journal of Clinical Nutrition、第109巻、第5号、2019年5月、ページ1288〜1301、https: //doi.org/10.1093/ajcn/nqy381

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
KIT

KIT

【あなたに最大限の可能性を】10年ほど教育界に従事|今の教育法に疑問を持ち、主にデータを用いた教育法を発信|毎月、数万人以上へレクチャー|科学的な知識をもとに、食事・健康・睡眠・運動などのライフハックなども発信中|親のための教育法を紹介する「エルター」を運営

-食べ物の秘密
-, , , ,

© 2022 きっと有益ブログ Powered by AFFINGER5