糖質制限

食べ物の秘密

【実は痩せない?】糖質制限にはヤバいデメリットばかり?危険かもしれない3つの理由!

Pocket

悩む人
糖質制限のデメリットを教えて!
悩む人
糖質制限ダイエットってホントに痩せるの?

このような疑問にお答えします。

 

今回は糖質制限について紹介します。

最近、日本でも糖質制限が流行っています。

 

が近年、科学者の間では実はデメリットの方が大きいかもしれないことが分かっています。

 

そんな糖質制限の闇を科学的に解説していきたいと思います。

キット
僕もこの闇にハマりかけました…

 

最後にはおすすめのダイエット法も紹介しするので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは早速見ていきましょう。

エルター

糖質制限のデメリット

糖質制限 デメリット

糖質制限のデメリットは3つあります。

 

糖質制限のデメリット

  1. 痩せない
  2. リバウンドしやすい
  3. 体調を壊しやすい

 

それでは一つずつ見ていきましょう。

痩せない

まず1つ目の糖質制限のデメリットが「瘦せない」ということです。

いきなり衝撃的ですよね。

 

実は糖質制限では痩せないんです。

 

これを明らかにしてくれたのが、カナダの研究です。

実験内容

7286人を対象として、11種類のダイエット法の効果を調べました。

その結果、1年以上続ければ、どのダイエットも同様の効果が出ることが分かりました。

 

この結果から分かるのは、無理に糖質制限をする必要はないということです。

 

結局、痩せるにはカロリーを減らすことが大切なんです。

 

  • 糖質を摂取した2,000キロカロリー
  • 糖質を摂取しない2,000キロカロリー

これらの結果は同じになるということです。

 

つまり、糖質制限することにより、カロリーがカットされて、その結果痩せるということです。

糖質制限自体には意味はないんです。

キット
糖質はカロリーが多いので、減らしやすいのは確かですね!

リバウンドしやすい

2つ目の糖質制限のデメリットが「リバウンドしやすい」ということです。

 

糖質制限ダイエットは人によりますが、基本的には1日60~120g以下の糖質にすることが推奨されています。

ちなみにそれがどのくらいかというと、

糖質60g=白米1杯分

 

実際は様々な食べ物に糖質が含まれているので、白米を1杯も食べられないことが多いです。

 

果たして、これを続けられる人がどのくらいいるでしょうか?

 

糖質制限はかなり脱落率の高いダイエットだと言われています。

カロリーが同じでダイエット効果が変わらないなら、わざわざ糖質制限を選ぶメリットはあまりないかと思います。

キット
特に日本人は主食としてお米を食べるので難しいですよね!

 

また、筋肉量も落ちるので、基礎代謝が落ちやすいです。

なので、長期的に見るとむしろ太る可能性もあるかと思います。

体調を壊しやすい

最後の糖質制限のデメリットが「体調を壊しやすい」ということです。

 

糖質というのは人間に必要な栄養素であることは間違いありません。

それを制限するということは体調を壊す可能性も高くなるということです。

 

実際に様々な症状が報告されています。

糖質制限による症状

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 便秘
  • 下痢
  • 眠気
  • めまい など

簡単に言うと、風邪のような症状に見舞われることがあります。

 

特に女性はホルモンバランスなどにも悪影響を与える可能性が高いので注意です。

 

キット
実際に僕も風邪のような症状に見舞われました…

 

とはいえ、糖質制限にメリットは確かにあります。

糖質制限のメリット

糖質制限 メリット

糖質制限を行うことで、健康に気を使うようになります。

 

健康に悪いものは基本的に「糖質×脂質」の組み合わせで出来ています。

例えば、

糖質×脂質

  • ピザ
  • ハンバーガー
  • フライドポテト
  • ポテトチップス
  • インスタントラーメン など

ジャンクフードなどは口にできなくなるので、その点に関してはかなりメリットがあると思います。

 

ただ、もともと健康志向が強い人には糖質制限はあまり向かないかと思います。

キット
僕もやってみましたが、体調が悪くなったのでやめました!

 

とは言ってもダイエットをしたい方もいると思います。

続いてはおすすめダイエット法を紹介します。

エルター

一生続くダイエット法

16時間断食(ダイエット)の7つの効果

僕のおすすめは「16時間ダイエット」です。

「16時間断食」や「8時間ダイエット」など様々な呼び方で呼ばれていますが、どれも一緒です。

 

やり方は非常に簡単です。

16時間断食(ダイエット)とは一日の間、16時間何も食べない時間を作り、残りの8時間で食事を済ませる断食方法

 

例えば、

19:00~11:00 断食

11:00~19:00 食べていい時間

もちろん、断食の開始時間などは自由に決めてもらって構いません。

 

とにかく16時間の断食時間を作ることが大切です。

そうすることで自然とカロリーを制限することが出来ます。

 

最初は少しつらいかもしれませんが、1~2週間くらいで慣れちゃうのでかなり続けやすいと思います。

キット
僕は18時間くらい断食するようにしています!

 

さらに16時間断食には痩せるだけでなく、様々な効果が確認されています。

詳しくは『【好きなだけ食べれる⁉】16時間断食(ダイエット)の7つの効果!正しい断食のやり方とは?』をチェック☟

【好きなだけ食べれる⁉】16時間断食(ダイエット)の7つの効果!正しい断食のやり方とは?
参考【好きなだけ食べれる⁉】16時間断食(ダイエット)の7つの効果!正しい断食のやり方とは?

続きを見る

参考著書

|『新装版 パレオダイエットの教科書

16時間断食や食材の選び方に関してはこちらの本がおすすめです。

 

あの「オリ○ジのあっちゃん」も紹介した『最高の体調』の著者である「鈴木裕」さんが書いている本です。

「鈴木裕」さんは年間5,000本もの論文を読んでいるので、かなり信頼性は高いと思います。

 

しかも、パレオ式のダイエットは誰にでも一定以上は効果があると言われています。

 

また、このパレオダイエットは無理なく続けられるので、忙しい人にもおすすめです。

食事を変えて人生を変えるかはあなた次第です。

Kindle版で見る

 

|『「空腹」こそ最強のクスリ

この本はまさしく16時間断食ブームの火付け役となった本です。

サクッと読める上に科学的根拠もあるので、本が苦手な人でもおすすめです。

 

気になる方はどうぞ。

Kindle版で見る

 

最後に

糖質制限には特別なメリットがあるわけではないことが分かりました。

結局、リバウンドしてしまったら意味がないので、ぜひ続けやすいものを試してみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ソイプロテインは絶対ダメ?←この考えが完全に間違っているお話
参考ソイプロテインは絶対ダメ?←この考えが完全に間違っている話|ソイプロテインは男性にもおすすめです!

続きを見る

【好きなだけ食べれる⁉】16時間断食(ダイエット)の7つの効果!正しい断食のやり方とは?
参考【好きなだけ食べれる⁉】16時間断食(ダイエット)の7つの効果!正しい断食のやり方とは?

続きを見る

【脳がぶっ壊れる⁉】食べてはいけない食品ワースト3
参考【脳がぶっ壊れる?】食べてはいけない食品ワースト3|損する食事とは?

続きを見る

参考【科学的に証明された!】体にいい食べ物ランキング|ダイエットやアンチエイジングに効果あり!

続きを見る

参考文献

Johnston BC, Kanters S, Bandayrel K, Wu P, Naji F, Siemieniuk RA, Ball GD, Busse JW, Thorlund K, Guyatt G, Jansen JP, Mills EJ. Comparison of weight loss among named diet programs in overweight and obese adults: a meta-analysis. JAMA. 2014 Sep 3;312(9):923-33. doi: 10.1001/jama.2014.10397. PMID: 25182101.

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

KIT

【科学で教育をハック!】10年ほど教育界に従事|今の教育法に疑問を持ち、主にデータを用いた教育法を発信|毎月、数万人以上へレクチャー|科学的な知識をもとに、食事・健康・睡眠・運動などのライフハックなども発信中|親のための教育法を紹介する「エルター」を運営

-食べ物の秘密
-, , , , ,

© 2022 きっと有益ブログ Powered by AFFINGER5