生活に役立つ知識

果物を冷やすと美味しいは嘘?味覚と温度の関係

Pocket

悩む人
果物って冷やした方が本当に美味しいのかな?
悩む人
果物を一番美味しく食べる方法を教えて!

このような疑問にお答えします。

果物って甘さが特徴的ですよね。

その甘さを一番に感じることが出来る食べ方があるんです。

今回はそれをこの記事を見ているあなただけに知っていただきたいと思います。

甘さは温度で決まる?

実は甘さは温度で決まると言っても過言ではないんです。

甘さというのは温度に左右されやすい味覚の一つです。

冷えていれば冷えているほど甘さを感じにくくなり、人の体温に近いほど甘さを感じやすくなります。

 

つまり、甘さを感じる食べ方というのは35℃前後の温度で果物を食べることです。

これさえ覚えていれば美味しく果物やフルーツを食べることができます。

ポイント

・果物は人肌に近い温度で食べるのが一番美味しい

果物をあたためる方法

夏であれば保存する際は冷蔵庫で、食べる際は冷蔵庫から出しておけば自然と35℃前後になります。

ですが、冬はそうもいきません。

ではどうすればいいのか?

やり方としては50℃前後のお湯に1~2分浸す方法が一番手っとり早いです。

レンジだと温めすぎたり、破裂したりする恐れがあるので、湯せんが一番良いです。

ポイント

・50℃くらいのお湯に1~2分浸ける

注意点

先ほど甘さは温度で決まり、冷えていれば冷えているほど甘さは感じにくくなると言いましたよね。

実はこの部分が危険なポイントなんです。

冷えていて甘いモノってなんだと思いますか?

 

そうです!アイスやジュースです!

これらは甘さを感じにくいため、糖分が驚くほど含まれています。

糖分を摂りすぎると認知機能が低下するなどの悪影響があります。

参考ジュースは体に悪いだけじゃなく記憶力も低下させる?

続きを見る

糖分の高い冷えたモノには気をつけた方がいいですね。

ポイント

・ジュースやアイスなどは糖分が高すぎるため注意

最後に

温度と甘さは密接に関係をしているので是非、温度に注目して食べてみてください。

甘みが全然違いますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

参考ジュースは体に悪いだけじゃなく記憶力も低下させる?

続きを見る

参考加工肉には発がん性物質が?加工肉とガンの関係

続きを見る

参考Googleフォトの代わりはこれで決まり!家族や友人との思い出も無制限に!

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
KIT

KIT

【まだ最高のパフォーマンス発揮できてないの?】移動時間にサクッと読めるライフハックを発信│集中力の上げ方│睡眠の質向上法│2週間で20冊以上も読んだことのある知識を元に発信│明日から会社,学校で一目置かれる存在に。現在はITベンチャー企業で会社員→毎日会社に行って土日を楽しみにする生活に疑問→フリーランスになるためにブログを書き始める

-生活に役立つ知識
-, ,

© 2021 きっと有益ブログ Powered by AFFINGER5