食べ物の秘密

加工肉には発がん性物質が?加工肉とガンの関係

Pocket

悩む人
加工肉は体に悪いって聞いたけど本当?
悩む人
どんなデメリットがあるの?

このような疑問にお答えします。

実は加工肉は発がん性物質が含まれているかもしれないということが分かりました。

本日はこの記事を見ているあなただけに知っていただきたいと思います

加工肉とは?

・ハム

・ベーコン

・ハンバーグ

・ソーセージ

・サラミ    など

これらを加工肉と言います。

つまり、生肉ではない形をしているものが加工肉ということです。

人によってはこれらの加工肉が好きな方もいると思いますが実は最新の研究では発がん性物質が含まれているかもしれないということが分かりました。

加工肉とガンの関係

加工肉はガンのリスクを高める

WHO(世界保健機関)が2015年に加工肉には発がん性物質が含まれていることを正式に認めました。

 

この発表では加工肉を毎日50gごとに大腸がんにかかるリスクが18%上昇することが分かりました。

ソーセージなら3本ほど、ハムなら5枚ほどが50gの基準となります。

KIT
この程度なら意識しないでも毎日食べてる可能性がありますよね。

赤肉でも発がん性物質が?

さらに赤肉(普通の肉で赤身が多いかは関係ない)でも発がん性物質が含まれている可能性が示唆されています。

まだ完全に証明されたとは言えませんが、赤肉を毎日100gごと食べると発がんリスクが17%上昇するとも言われています。

「お肉食べるのってもはや体に害しかもたらさないんじゃないの?」って思いますよね。

 

実はこんな研究もあるんです。

良質な肉は健康に良い?

実は赤身肉(霜があまり降っていないような脂肪分の少ない牛肉など)は心臓病などのリスクを下げてくれるかもしれないということがパデュー大学の研究で分かりました。

実験内容

男女41人のグループを二つに分け、5週間にわたって調査しました。

・良質な赤身肉を週に500g食べるグループ

・週に2回だけ100gの赤身肉を食べるグループ

その結果、血圧、血中脂質、リポタンパク質などが改善し、心臓病のリスクを下げてくれることが分かりました。

つまり、良質な赤身肉であればむしろ健康に良いことがこの結果から言えますね。

KIT
食べるなら良質な赤身肉一択ですね。

ポイント

・良質な赤身肉は心臓病などのリスクを下げてくれる

良質な赤身肉は楽天ふるさと納税がおすすめ。

1万円以上のお肉が2,000円で買うことができちゃいます。

最後に

今回はお肉について健康に良いのか悪いのかに関しての研究をご紹介しました。

良質な赤身肉は健康に良いことが分かったので、この情報をもとに是非お肉ライフを楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

参考ナッツを食べると頭が良くなる?驚くべきナッツ効果

続きを見る

参考松田マヨネーズが素晴らしすぎる!完全無添加の健康マヨネーズ

続きを見る

参考揚げ物を食べると体に悪いだけじゃない?最新研究から分かった事実

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
KIT

KIT

【まだ最高のパフォーマンス発揮できてないの?】移動時間にサクッと読めるライフハックを発信│集中力の上げ方│睡眠の質向上法│2週間で20冊以上も読んだことのある知識を元に発信│明日から会社,学校で一目置かれる存在に。現在はITベンチャー企業で会社員→毎日会社に行って土日を楽しみにする生活に疑問→フリーランスになるためにブログを書き始める

-食べ物の秘密
-, , ,

© 2021 きっと有益ブログ Powered by AFFINGER5