マーガリン

食べ物の秘密

【海外では禁止?】マーガリンは体に悪い?危険だと言われている理由とは?

Pocket

悩む人
マーガリンが体に悪いってホント?
海外では禁止になっているのに日本で禁止されていないのはなぜ?
悩む人

このような疑問にお答えします。

 

今回はマーガリンが体に悪いのかどうかについて紹介します。

 

バターよりも安価で手に入りやすいマーガリンですが、体に悪いという噂はホントなのでしょうか?

 

今回は科学的な観点からマーガリンについて知っていただきます。

 

ぜひ参考にしてみてください。

それでは早速見ていきましょう。

エルター

マーガリンは体に悪い?

マーガリン パン

結論から言うと、マーガリンは体に悪いというのは科学的には本当です。

 

その理由は2つあります。

 

マーガリンが体に悪い理由

  1. トランス脂肪酸
  2. 植物油脂

 

それでは一つずつ見ていきましょう。

トランス脂肪酸

マーガリンが体に悪い理由の1つ目が「トランス脂肪酸」の影響です。

トランス脂肪酸とは水素を添加した加工油のことで、病気のリスクが高まるとされている

 

実際にマクマスター大学の研究ではこんなことが分かっています。

実験内容

数十万人を対象として、トランス脂肪酸の摂取とあらゆる病気のリスクの関連性を調べました。

その結果、トランス脂肪酸はガンや心血管疾患など、すべての死亡率の上昇と関連していることが分かりました。

 

つまり、マーガリンは死亡率を高めるかもしれないということです。

 

もちろん、これは可能性の話ではあります。

ですが、WHO(世界保健機関)がトランス脂肪酸を禁止していることからもその可能性は高いかと思います。

キット
実はマーガリンってかなり怖いんですね…

 

ただ、最近はトランス脂肪酸が0のマーガリンも販売されています。

それなら問題ないのでしょうか?

植物油脂

マーガリンが体に悪い理由の2つ目が「植物油脂」の影響です。

植物油脂とはサラダ油やキャノーラ油、大豆油、コーン油などのこと

 

これらの油って実はかなり危険なんです。

というのも植物油脂は酸化している場合が多いからです。

 

植物油脂は高温などで処理するため、どうしても加工する段階で酸化してしまうんです。

 

そして酸化した油を摂ると腸内環境が悪化することが分かっています。

腸内環境の悪化はこのような悪影響を及ぼします。

腸内環境の悪影響

  • メンタルの悪化
  • 睡眠の質の悪化
  • 病気のリスクの上昇
  • ホルモンバランスの乱れ
  • ストレスの増加 など

 

つまり、マーガリンは腸内環境を悪化し、様々な体の不調をきたすというわけです。

 

特にホルモンなどは油から作られるため、本当に気を付けた方がいいです。

キット
ホルモンバランスが崩れがちな人は油を気にした方がいいかもですね!

 

やはりマーガリンではなく、バターを使うのがおすすめです。

一応、おすすめのバターを紹介しておきます。

 

こちらはグラスフェットバターです。

穀物ではなく、牧草でのびのび育てられた牛から作られたバターです。

 

味はもちろんのこと栄養価も全然違うため、どうせ使うならグラスフェットが良いと思います。

 

値段もものすごく高いわけではないため、買いやすいと思います。

気になる方はどうぞ。

Amazonで探す

 

バターを頻繁に使うわけではない人は小分けのものがおすすめです。

 

大きいバターを買うと、どうしても酸化してしまいます。

 

ただ、小分けであれば酸化することがあまりないため、長期間にわたって使うことが出来ます。

量が決まってるのも嬉しいですね。

 

グラスフェットではないですが、気になる方はどうぞ。

Amazonで探す

 

最後に

一部ではマーガリンは体に悪くないという意見もあります。

ただ、マーガリンが体に良いということは聞きません。

 

つまり、マーガリンは摂るメリットがない油だと言えます。

 

わざわざメリットのない油をリスクを冒してまで、摂る必要は個人的にはないと思います。

 

ただ、最終的には自分で判断してみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

サラダ油 体に悪い
参考【老化が進む?】サラダ油が体に悪い科学的な理由!サラダ油に代わるおすすめの油を紹介!

続きを見る

からあげ
参考【悪魔飯】からあげクンのカロリーはどのくらい?カロリーよりもヤバい悪影響とは?

続きを見る

バターコーヒーダイエット
参考【痩せないどころか太る?】バターコーヒーダイエットの3つの闇|本当に痩せる方法とは?

続きを見る

ココナッツオイル
参考【危険?】ココナッツオイルは体に悪い?ココナッツオイルの危険性や効果を徹底解説!

続きを見る

参考文献

de Souza RJ, Mente A, Maroleanu A, Cozma AI, Ha V, Kishibe T, Uleryk E, Budylowski P, Schünemann H, Beyene J, Anand SS. Intake of saturated and trans unsaturated fatty acids and risk of all cause mortality, cardiovascular disease, and type 2 diabetes: systematic review and meta-analysis of observational studies. BMJ. 2015 Aug 11;351:h3978. doi: 10.1136/bmj.h3978. PMID: 26268692; PMCID: PMC4532752.

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

KIT

【科学で教育をハック!】10年ほど教育界に従事|今の教育法に疑問を持ち、主にデータを用いた教育法を発信|毎月、数万人以上へレクチャー|科学的な知識をもとに、食事・健康・睡眠・運動などのライフハックなども発信中|親のための教育法を紹介する「エルター」を運営

-食べ物の秘密
-, ,

© 2022 きっと有益ブログ Powered by AFFINGER5