タンパク質

\全国旅行支援で最大40%OFF/

『楽天トラベル』 ← 使えば使うほどお得に!

『Yahoo!トラベル』 ← さらに10%OFF!

『一休.com』 ← 高級宿に安く泊まれる!

『じゃらんnet』 ← クーポンでお得に!

食べ物の秘密

【摂りすぎは逆効果?】タンパク質は一日どのくらい?最適な量を調べてみた!

Pocket

悩む人
タンパク質って一日にどのくらい摂ればいいの?
タンパク質が逆効果になるってどういうこと?
悩む人

このような疑問にお答えします。

 

筋トレにタンパク質が不可欠なことはご存知の通りだと思います。

最近ではタンパク質であれば摂れば摂るほど効果が上がるという情報などもあります。

 

ただ、最新の研究ではタンパク質にも上限があることが分かっています。

 

その最新研究をもとにタンパク質の量などを考えていきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

それでは早速見ていきましょう。

エルター

タンパク質の摂りすぎは逆効果?

タンパク質 人

実はタンパク質の摂りすぎは逆効果になるかもしれないことがイギリスで行われた研究で分かっています。

 

実験内容

この実験では309人を対象として、低炭水化物ダイエットと男性のコルチゾールとテストステロンの関係について調べました。

その結果、低炭水化物ダイエットは運動後のコルチゾールレベルを上げることが分かりました。

さらに、高タンパク食は安静時のテストステロンを下げることも分かりました。

 

コルチゾールとはストレスホルモンの一種
テストステロンとは男性ホルモンの一種で、筋肉や行動力、やる気に関わると言われている

 

このテストステロンは筋肉を大きくさせるためには必須のホルモンです。

それが高タンパク食にすると、むしろ下がってしまうんです。

 

つまり、高タンパク食は逆効果というわけです。

 

ちなみにここで言う高タンパク食は体重1kg当たり3.4g以上としています。

 

例えば、体重が60kgの人であれば

体重60kg = タンパク質204g

 

意識的に摂らないと無理な量なので、特に心配はないと思います。

ただ、タンパク質もいくら摂ってもいいわけではないということです。

キット
何事も摂りすぎは良くないんですね!

タンパク質の最適な量

プロテイン 最適な量

では、タンパク質の最適な量はどのくらいなのでしょうか?

 

ある研究によると、タンパク質の最適な量は1.6~2g程度だと言われています。

この値を目安にすることでテストステロン値が最大になることが分かっています。

 

例えば、体重が60kgの人であれば

体重60kg = タンパク質96~120g

 

ただ、一般の人はこの量を食事だけで摂るのは難しいと思います。

 

そういう場合はプロテインを使うのも手です。

選び方さえ間違えなければプロテインはむしろ体に良いことが分かっています。

 

一応おすすめのプロテインを紹介しておくので参考にしてみてください。

 

このプロテインは無添加で人工甘味料も不使用なので、かなり安全性が高いです。

さらにWPIという製法を使っているため、お腹が痛くなりにくくなっています。

 

プレーン味なので、そのままだと飲みにくいですが、ココアパウダーなどと合わせれば美味しく飲めます。

 

気になる方はどうぞ。

Amazonで探す

 

とにかく美味しく飲みたい方はこちらがおすすめ。

「ホントにプロテイン?」っていうぐらい美味しいです。

 

さらに人工甘味料も入っていないため、健康的にも問題ありません。

 

ただ、ビタミンBが添加されているため、長期的にはどうかなって感じです。

 

プロテインを試してみたい方にはおすすめです。

Amazonで探す

 

とにかくコスパ重視な人は【マイプロテイン】がおすすめです。

半額セールなども多く開催しており、コスパ最強のプロテインです。

 

こちらの紹介コードを使えば1,500円のクーポンがもらえるので、ぜひ活用してください。

NFXN-R7



 

さらに詳しく知りたい人は『【体重=1gじゃ足りない?】プロテインやタンパク質の最適な量は?1回分の上限はどのくらい?』をチェック☟

プロテイン 最適な量
参考【体重=1gじゃ足りない?】プロテインやタンパク質の最適な量は?1回分の上限はどのくらい?

続きを見る

エルター

最後に

タンパク質は適度に摂ることで筋トレやダイエット効果があります。

摂りすぎには注意して、ぜひ理想の身体を手にしてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

筋トレ プロテイン タイミング
参考【ゴールデンタイムは嘘?】筋トレ後のプロテインの最適なタイミングとは?

続きを見る

プロテイン 腎臓に悪い
参考【9割が知らない?】プロテインが腎臓に悪いは嘘?プロテインの危険性を【徹底解説】

続きを見る

クレアチン
参考【頭が良くなる?】クレアチンは脳にまで効果が?クレアチンのメリット・デメリットを徹底解説!

続きを見る

【デマに注意!】筋トレで飲むべきサプリはたった3つだけ!BCAAやマルチビタミンは効果なし?
参考【デマに注意!】筋トレで飲むべきサプリはたった3つだけ!BCAAやマルチビタミンは効果なし?

続きを見る

参考文献

Whittaker J, Harris M. Low-carbohydrate diets and men's cortisol and testosterone: Systematic review and meta-analysis. Nutr Health. 2022 Dec;28(4):543-554. doi: 10.1177/02601060221083079. Epub 2022 Mar 7. Erratum in: Nutr Health. 2022 Dec;28(4):783. PMID: 35254136; PMCID: PMC9716400.

Whittaker J. High-protein diets and testosterone. Nutr Health. 2022 Oct 20:2601060221132922. doi: 10.1177/02601060221132922. Epub ahead of print. PMID: 36266956.

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

KIT

【科学で教育をハック!】10年ほど教育界に従事|今の教育法に疑問を持ち、主にデータを用いた教育法を発信|毎月、数万人以上へレクチャー|科学的な知識をもとに、食事・健康・睡眠・運動などのライフハックなども発信中|親のための教育法を紹介する「エルター」を運営

-食べ物の秘密
-, , , ,

© 2023 きっと有益ブログ Powered by AFFINGER5