生活に役立つ知識

実はその褒め方は間違っている?プロの家庭教師が教える子どもの褒め方

Pocket

悩む人
子どもは褒めて伸びるんじゃないの?
悩む人
正しい褒め方ってどうやるの?

このような疑問にお答えします。

 

あなたはお子さんを大切にしていますよね。

だから褒めるし、もっとできる子になってほしい願っていますよね。

 

ですが、その褒め方は実は間違いかもしれません。

むしろ、それは逆効果で子どもの可能性を妨げている可能性があります。

 

今回は科学的根拠をもとに間違っている褒め方と正しい褒め方を知っていただきたいと思います。

成長マインドセットと硬直マインドセット

まずは成長マインドセットと硬直マインドセットを理解する必要があります。

 

簡単に言うと、成長マインドセットは「自分はどんどん成長できる」と考えること。

反対に硬直マインドセットは「人間は生まれ持った能力が決まっている」と考えることです。

 

さて、どちらがいいでしょうか?

 

ここである実験を紹介したいと思います。

実験内容

キャロル・ドゥエックの研究ではマインドセットと成績との関係を小学校から中学校になる2年間にわたって調査しました。

その結果、硬直マインドセットの子は成績が2年間にわたって徐々に下がっていきました。

反対に成長マインドセットの子は2年間にわたって成績が着実に伸びていきました。

 

上記の研究から見ても成長マインドセットの方がいいことが分かりますね。

 

KIT
成長マインドセットがいいのは分かったけど、どうすればマインドセットを変えられるの?

このような疑問が出てくると思います。

 

はっきり言ってマインドセットを変えるのに魔法の特効薬的なものはありません。

少しずつ変えていく必要があります。

その一つが褒め方です。

良い褒め方・悪い褒め方

いきなりですが、どちらが硬直マインドセットを促進する親か成長マインドセットを促進する親かを考えてみてください。

 

テストで子どもが良い点を取ってきました。

①すごいね!本当に頭が良いね!

②すごいね!あんなに頑張ったからこの点数が取れたのね!

さて、どちらが良い褒め方、悪い褒め方でしょうか?

 

良い褒め方は②です。

ですが、ほとんどの人は①をやっています。

 

成長マインドセットを促進するには頑張ったプロセスを褒めてあげることが大切です。

そうすることで子どもに「自分は変えられる、もっと頑張れば良い点が取れる」と思ってもらえます。

 

反対に硬直マインドセットを促進してしまう親は結果を褒めてしまいます。

結果を褒めると、子どもは頑張るプロセスを放棄して、ズルしてでも点を取ろうとします。

 

なので、「天才だね!」とか「あなたには才能がある!」と褒めるのはやめて、プロセスを褒めてあげましょうね。

KIT
僕も硬直マインドセットで気づくのにだいぶ時間がかかりました…

参考著書

|『マインドセット「やればできる! 」の研究

この本はあのMicrosoft創業者のビル・ゲイツも絶賛している著書です。

上記の研究もこの本の内容を使用させていただきました。

 

他にも硬直マインドセットに陥りやすい罠などが書いてあるので、子どもの未来だけでなく、自分の未来を変えたい方はおすすめです。

親子で未来を変えるかはあなた次第です。

Amazonで探す

最後に

硬直マインドセットに陥るとなかなか抜け出すのが難しいです。

なので、お子さんや自分にとっても早めに成長マインドセットを身につけておくことが大切です。

是非、成長マインドセットを手にして未来を変えていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

参考どのくらい子どもにスマホを触らせていいの?子どもに最適な制限時間

続きを見る

参考サバ缶は頭が良くなるだけじゃない!サバ缶の7つのメリット

続きを見る

参考外発的動機づけと内発的動機づけとは?例や使い方を徹底解説!

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
KIT

KIT

【まだ最高のパフォーマンス発揮できてないの?】移動時間にサクッと読めるライフハックを発信│集中力の上げ方│睡眠の質向上法│2週間で20冊以上も読んだことのある知識を元に発信│明日から会社,学校で一目置かれる存在に。現在はITベンチャー企業で会社員→毎日会社に行って土日を楽しみにする生活に疑問→フリーランスになるためにブログを書き始める

-生活に役立つ知識
-, , , , ,

© 2021 きっと有益ブログ Powered by AFFINGER5