生活に役立つ知識

外発的動機づけと内発的動機づけとは?例や使い方を徹底解説!

Pocket

悩む人
外発的動機づけと内発的動機づけの違いは?
悩む人
どっちがいいの?
悩む人
例と使い方を教えて!

このような疑問にお答えします。

 

外発的動機づけと内発的動機づけって聞いたことがありませんか?

 

動機づけというのは簡単に言うと、モチベーションのことです。

モチベーションが自分の内から出てくると内発的動機づけ。外から与えられると外発的動機づけです。

こう言われてもなかなかイメージできないと思うので、具体的な例を知っていただきたいと思います。

外発的動機づけの例

先ほども話したように外発的動機づけとは外から与えられるモノ、具体的には報酬やご褒美のことを言います。

例えば、子どもに「テストで90点取ったらスマホ買ってあげる。」とかは外発的動機づけに当たります。

 

会社でもプロジェクトが成功したらインセンティブを与えるなども外発的動機づけですね。

また、罰を避けようとすることも外発的動機づけです。

例えば、「怒られたくない」なども外発的動機づけに当たります。

外発的動機づけのメリット

ポイント

・短期的な成果が出やすい

・興味関心がなくても行動に移しやすい

・誰にでもモチベーションを与えることができる

外発的動機づけのデメリット

ポイント

・長期的にモチベーションを与えることが難しい

・コストがかかる

・創造性がなくなる

内発的動機づけの例

内発的動機づけは自分の内から出てくる好奇心や興味などのことを言います。

例えば、「音楽が好きでギターの練習を朝までやってしまった」とか「サッカーが好きで日が暮れるまで練習していた」とかが内発的動機づけです。

 

また、会社では本人がやってみたい業務をやらせるのは内発的動機づけが働くため、モチベーションが維持しやすくなります。

内発的動機づけのメリット

ポイント

・モチベーションを維持しやすい

・コストがかからない

・クリエイティビティを発揮しやすい

内発的動機づけのデメリット

ポイント

・短期的な成果が出にくい

・特定のモノにしか発揮されない

・誰にでも当てはまらない

外発的動機づけと内発的動機づけのどちらがいいか?

外発的動機づけと内発的動機づけのどちらがいいかは目的にもよりますが、個人的には内発的動機づけの方が良いと思います。

内発的動機づけは長期的な目的達成できるだけでなく、創造性を使って今までにないようなアイデアを生み出すこともできちゃいます。

 

それが自己成長にも繋がり、人生の幸福度も高くなります。

KIT
様々な観点から見ても内発的動機づけの方が良いと言えそうですね!

内発的動機づけを高める方法 - エンハンシング効果

エンハンシング効果とは外発的動機づけを与えることで内発的動機づけを高める効果のことを言います。

アメリカの発達心理学者エリザベス・ハーロック博士の1925年の研究では小学校低学年を対象として、3つのグループに分け、モチベーションの持続性について観察しました。

 

・テストの出来に関わらず褒めてくれるグループ

・テストの出来に関わらず叱るグループ

・何にも言わないグループ

結果、「テストの出来に関わらず褒めてくれるグループ」は何と成績が70%以上も増加し、モチベーションの低下が見られなかったそうです。

つまり、褒めるという外発的動機づけがモチベーションの維持という内発的動機づけに作用したということが言えます。

 

ただし、エンハンシング効果は言語的称賛という外発的動機づけに高い効果を発揮するが、それ以外にはあまり高い効果は見られなかったそうです。

高い効果が見られなかっただけでなく、真逆の効果を生み出すことも分かっています。

モチベーションを低下させる - アンダーマイニング効果

アンダーマイニング効果またはアンダーマイニング現象は、内発的に動機づけられた行為に対して、報酬を与えるなどの外発的動機づけを行うことによって、モチベーションが低減する現象である。例えば、好きでプレイしていたゲームに金銭的な報酬を与えられると、やる気がなくなってしまうなど。抑制効果ともいう。

ー Wikipedia より引用

つまり、報酬を与える外発的動機づけは元々あった内発的動機づけをなくしてしまうこともあるということです。

 

スタンフォード大学の研究によると、3~5歳の絵が好きな幼児を対象として、3つのグループに分け、報酬と関心に関しての観察を行いました。

・絵が上手に描けたら賞状を与えると約束したグループ

・約束をしないで絵が上手に描けたら賞状を与えるグループ

・何も与えないグループ

1~2週間後に報酬を与えずにただ絵を描いてもらうと、「絵が上手に描けたら賞状を与えると約束したグループ」のみ絵を描く時間が減っていたそうです。

 

元々、絵が好きだったのにも関わらず、外発的動機づけにより内発的動機づけが失われてしまったということです。

このような事態を防ぐためには、報酬を与えるという外発的動機づけを約束しないことが大切ですね。

参考著書


最後に

全てをまとめて簡単に言うと、やりたいことをやらせてあげた方が良いということです。

興味関心の赴くままにやらせてあげるのが、親や上司にできる最善の選択だと思います。

ぜひ広い心を持って接してあげてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

参考期待は成長を促進させる?ピグマリオン効果とは?

続きを見る

参考やる気やモチベーションは必要ない!モチベーションに頼らない方法

続きを見る

参考ノーズミント(NOSEMINT)で集中力アップ!消臭抗菌効果も?

続きを見る

参考仕事にやる気・情熱は必要ない!就活・転職に役立つ思考ハック

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
KIT

KIT

【まだ最高のパフォーマンス発揮できてないの?】移動時間にサクッと読めるライフハックを発信│集中力の上げ方│睡眠の質向上法│2週間で20冊以上も読んだことのある知識を元に発信│明日から会社,学校で一目置かれる存在に。現在はITベンチャー企業で会社員→毎日会社に行って土日を楽しみにする生活に疑問→フリーランスになるためにブログを書き始める

-生活に役立つ知識
-, ,

© 2021 きっと有益ブログ Powered by AFFINGER5