生活に役立つ知識

カードの還元率が高い組み合わせを紹介!最大で2.15%の還元

Pocket

悩む人
決済サービスって結局どれを使えばいいの?
悩む人
一番いい組み合わせってどれ?

このような疑問にお答えします。

 

決済サービスが多くある中で出来ればお得な決済サービスを使いたいと思いますよね?

浮いたお金があれば、旅行や貯蓄にも回せるかもしれません。

 

そこで、今お得な決済方法をご紹介します!

現在、お得な決済方法は楽天銀行デビットカードとANA JCBプリペイドカードを組み合わせる方法です。

一つずつ解説していきたいと思います。

デビットカードとは?

楽天銀行デビットカード(JCB)の券面

引用元:【公式】楽天銀行デビットカード|楽天銀行

「そもそもデビットカードとは何ぞや?」という人もいると思うのでデビットカードについて説明したいと思います。(わかっとるわ!という人は飛ばしてください(笑))

デビットカードとは

支払い方はクレジットカードと同じなのですが、口座からリアルタイムでお金を引き落とすため現金感覚で使うことができるカードです。クレジットカードとは違い時差がないのがメリットと言えます。

クレジットカードとは違いデビットカードは引き落とし口座を選ぶことができません。

また基本的には銀行からの発行で、引き落としは発行した銀行しか選ぶことができません。

 

 

 

 

 

 

 

楽天銀行デビットカードの特徴

デビットカードは様々な銀行から発行できますが、おすすめなのが楽天銀行デビットカード。

このデビットカードの最大の特徴は何と言ってもポイントの還元率が高いことです。

 

デビットカードはクレジットカードに比べ還元率が低いことが多く、基本的に還元率は0~0.8%程です。

ですが楽天銀行デビットカードは還元率が1%なので、100円につき1ポイント貯まります。

また楽天がやっている銀行だけあってセキュリティ面は安心です。

プリペイドカードとは?

引用元:【公式】ANA JCBプリペイドカード

こちらもプリペイドカードの紹介からしたいと思います。(わかっとるわ!という人は飛ばしてください(笑))

プリペイドカードとは

支払い方はクレジットカードと同じ。カードにお金を入れる必要があり(いわゆるチャージ)、その金額内で使用することができます。

SuicaやPASMOなどをイメージするとわかりやすいです。

チャージして使うのでクレジットカードのように使い過ぎの心配がありません。

お子さんに持たせることもでき、何に使ったか分かるので管理がしやすいですよ。

ANA JCBプリペイドカードの特徴

還元の方法が2種類あります。

還元方法

・マイルコース

・キャッシュバックコース

 

まずはマイルコースの特徴を紹介します。

マイルコース

・1000円ごとの決済で5マイル

・マイルは1マイルが2円にも3円にもなるので実質還元率は1.5%以上になる

 

もう一つはキャッシュバックコースです。

キャッシュバックコース

・200円ごとの決済で1円がキャッシュバック

・還元率は0.5%

・200円ごとなので端数が無駄にならない

 

それぞれのコースでお得な特典があります。

プリペイドカードのチャージ金額が半年間で12万円以上

・マイルコース→180マイル還元

・キャッシュバックコース→180円還元

上記が通常還元に加えて付与されます。

 

さらに…

プリペイドカードのチャージ金額が半年間で24万円以上

・マイルコース→360マイル還元

・キャッシュバックコース→360円還元

なので12万円 or 24万円つかうことでキャッシュバックコースでは還元率は0.65%まで跳ね上がります。

KIT
プリペイドカードにしてはなかなか還元率が高いですね!

楽天銀行デビットカードとANA JCBプリペイドカードを組み合わせるメリットとは?

ここまで来たら勘の良い人はお分かりかもしれませんが、

楽天銀行デビットカードでANA JCBプリペイドカードをチャージすることで、

基本還元率が1.5%になり、12万円以上チャージすることで1.65%になります。

チャージ方法は会員専用マイページからデビットカードの情報を入れてチャージするだけです。

リアルタイムで取引が行われるため使い過ぎの心配がありません。

マイルコースであればもっと還元率があがる可能性があります。

 

しかし、おすすめはキャッシュバックコースです。

前述したように200円ごとに還元されるため、切り捨てられることが少なくなります。

その上、残高として返ってくるので実用性が高いです。

 

また、デビットカードではなく、楽天のクレジットカードでもJCBが作れるのでおすすめです。☟

年会費永年無料の楽天カード

d払いの組み合わせでさらに還元率アップ

d払いを組み合わせることで還元率2.15%が実現できます。

d払いは200円で1ポイントなので、0.5%還元です。

 

さっきの1.65%と組み合わせて2.15%ですね。

これはかなり高還元なのではないでしょうか。

 

d払いにクレジットカードを登録して支払うだけで可能です。

詳しい登録の仕方は過去に解説していてこちらの記事が参考になるかと思います。☟

参考毎日の買い物で2.5%還元|ポイント3重取りの方法を紹介

続きを見る

最後に

キャッシュバックされたお金でブランド物を買うでも旅行に行くでも好きなことに使えます。

是非、未来を想像しながら考えてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

参考マイナポイントとは?最大31%還元のSuicaがおすすめな理由

続きを見る

参考Kyashに家計簿機能が追加!カテゴリー別に支出を管理

続きを見る

参考オーディオブックとは?メリットと効果を徹底解説!

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
KIT

KIT

【まだ最高のパフォーマンス発揮できてないの?】移動時間にサクッと読めるライフハックを発信│集中力の上げ方│睡眠の質向上法│2週間で20冊以上も読んだことのある知識を元に発信│明日から会社,学校で一目置かれる存在に。現在はITベンチャー企業で会社員→毎日会社に行って土日を楽しみにする生活に疑問→フリーランスになるためにブログを書き始める

-生活に役立つ知識
-, , ,

© 2021 きっと有益ブログ Powered by AFFINGER5