生活に役立つ知識

デジタルデトックスとは?思わぬメリットや効果を徹底解説!

Pocket

悩む人
なかなか疲れが取れない…
悩む人
情報が多すぎて疲れた…

このようなお悩みに答えます。

 

脳が疲れていたり、忙しいときほどデジタルデトックスをおすすめします。

KIT
僕も疲れたなと思ったときにやったりしますよ。

 

ただ「デジタルデトックスって何ぞや?」という話になりますよね。

そこで、あなたにデジタルデトックスについて知っていただきたいと思います。

デジタルデトックスとは?

デジタルデトックスとはその名の通り、電子デバイスなどを触らないようにすることを言います。

 

現代はSNSの発達などにより、スマホなどから得る情報が多すぎるため、脳が疲弊してしまいます。

その情報の取得などをやめて、脳に休息を与え、回復させようというのがデジタルデトックスの目的です。

デジタルデトックスのメリット

脳が休まる

デジタルデトックスは脳を休息へ導いてくれます。

現代は情報が多すぎるため、スマホを触るだけでオーバーフローや脳過労といった脳に負荷を与えます。

 

それにより記憶力や集中力、意欲が下がり脳機能を低下させるということが分かっています。

反対にスマホを触らないだけでも脳機能は回復するので、まずは1時間だけでも意識的に触らないようにしてみましょう。

ポイント

・記憶力や集中力、意欲が向上する

家族や友人との時間を大切にできる

家族や友人といてもスマホを触ってしまう人が多いと思います。

 

その間、触らないようにするだけでかなりのデジタルデトックスの効果があります。

相手の話に耳を傾けることもでき、目を見て話すことができるので確実に良好な関係になります。

 

さらに相手もこの時間を大切にしようという思いが芽生えるので、相手のデジタルデトックスにもなります。

良い人間関係を作るにはまずは周りの人を大切にすることが大切ですね。

ポイント

・良好な人間関係を築くことができる

不安やストレスが軽減する

ペンシルベニア州立大学と曁南大学が実施した研究ではSNSの使用とコロナ禍による不安やストレスには相関性があることが明らかになっています。

つまり、SNSの使用は不安やストレスを増大させ、コロナ禍ではさらに増大させるということです。

 

スマホを触らないこと不安やストレスの軽減

 

というわけです。

ポイント

・デジタルデトックスはメンタルヘルスにも効果がある

自分の頭で考えるようになる

現代ではスマホなどで何でもすぐに調べることができるため、考えることをしなくなってきています。

ただ、デジタルデトックスを行うことで、調べることができないため自分で考えなければならない状況になります。

 

それによって、素晴らしいアイデアが生まれるかもしれないので、調べることを出来ない状況をあえて作るのも大切だと思いますよ。

KIT
僕も事業計画などを立てるときはスマホやパソコンは触らないようにしています!

ポイント

・思わぬアイデアが生まれることがある

睡眠の質が上がる

ブルーライトによる影響がないので、睡眠の質が確実に向上します。

ブルーライトは脳を興奮させたり、脳を覚醒させたりするので、夜にスマホを触るのは本当によくないです。

 

夜の3時間だけでもデジタルデトックスをすると効果があるのでおすすめですよ。

KIT
スマホがないとやることがないと思う人はこの機会に読書を始めてみるのもいいかもしれませんね。
参考読書に集中できない人必見!~本を一冊確実に読み切る方法~

続きを見る

ポイント

・ブルーライトがないため、睡眠の質が向上する

デジタルデトックスの方法

読書をする

先ほども書きましたが読書はデジタルデトックスにはうってつけです。

注意力や集中力の向上にも効果があります。

 

まずは薄い本からでもいいので、始めてみてください。

最悪、電子書籍でも良いですが効果的なデジタルデトックスの効果はあまり得られないと思いますので、ぜひ紙の本で読んでみてください。

参考電子書籍と紙、結局どっちがいいの?メリット、デメリットもあわせて解説

続きを見る

ポイント

・注意力や集中力も身につく

アウトドアに行く

アウトドアもデジタルデトックスにはうってつけです。

キャンプやバーベキューなどの自然を思いっきり楽しめるようなことをすると良いですよ。

 

時間も忘れて楽しめるので、逆にスマホを触っている余裕がないです。(笑)

比較的に無理せずにできるので、アウトドアはおすすめですよ。

ポイント

・デジタルデトックスのハードルが低い



筋トレをする

筋トレはスマホではなく、バーベルやダンベルを持つのでデジタルデトックスに効果抜群です。

筋トレでなくても、運動であれば電子デバイスを使わないと思うので、ランニングとかでも全然ありだと思います。

 

ただ、ダイエット効果も同時に得たいのだったら筋トレのほうが圧倒的良いです。

ランニングはカロリーが消費しにくく、食欲増進の効果があるので、ダイエットにはむしろ逆効果。

 

KIT
痩せたいなら筋トレ一択です(笑)
参考筋トレがメンタルにも良い効果を与える7つの理由。体だけではなく、心も健康に。

続きを見る

ポイント

・スマホではなく、ダンベルやバーベルを持つ

最後に

現代ではスマホが中心になっているため、離れるのが難しいです。

そこで注意力を他に向けることでスマホから離れることができます。

 

いったん離れてみると思わぬ効果があるので、ぜひやってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

参考Googleフォトが終了!おすすめの動画保存サービス7選

続きを見る

参考デジタルウェルビーイングとは?効果的な方法をご紹介

続きを見る

参考Googleフォトの代わりはこれで決まり!家族や友人との思い出も無制限に!

続きを見る

参考Zoom(ズーム)とGoogle meet(グーグルミート)を徹底比較

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
KIT

KIT

【まだ最高のパフォーマンス発揮できてないの?】移動時間にサクッと読めるライフハックを発信│集中力の上げ方│睡眠の質向上法│2週間で20冊以上も読んだことのある知識を元に発信│明日から会社,学校で一目置かれる存在に。現在はITベンチャー企業で会社員→毎日会社に行って土日を楽しみにする生活に疑問→フリーランスになるためにブログを書き始める

-生活に役立つ知識
-, , ,

© 2021 きっと有益ブログ Powered by AFFINGER5